プロポリスの手引き

プロポリスの手引き

みつばちとプロポリス

みつばちが樹木から集めてきたプロポリスにみつばちの唾液、酵素、花粉、ミツロウなどが混ぜられ、巣の入り口や壁に塗られます。
その壁の中を通ったみつばちの体は抗菌コートされた状態になっています。
抗菌された体のまま巣の中に入るので、昆虫の死骸などで不潔な巣の中はいつも清潔に保たれています。

プロポリスはどのような形をしているのでしょうか?
樹木から集められて来るので、当然液体では? と思うでしょうが、実は固体です。
みつばちが集められた巣箱を観察すると、ねばねばとした粘着性がある樹脂状の固形物が見られるのがプロポリスです。

巣の材料としてだけなら他の分泌物でもいいようなものですが、どうしてプロポリスなのでしょうか?
みつばちが飛び回る樹木の樹脂には強い抗菌作用がある成分が含まれています。
何かダメージを受け、傷ついた樹木は改善回復の為にこの物質を利用します。

みつばちはその物質に唾液や花粉を混ぜて作ったのがプロポリスです。
プロポリスは細菌、ウィルス、外敵の侵入からみつばちを守っています。
この様にプロポリスは素晴らしい機能で大活躍してくれる素晴らしい栄養素なのです。
色々な場面で利用する事で快適な生活を送る事ができます。