プロポリスの手引き

プロポリスの手引き

プロポリスとコラ-ゲン細胞

コラーゲンとはたんぱく質成分の一種です。
人の体の中には多数の細胞が存在しています。
細胞と細胞をつなぐ接着剤、クッションのような役割をしているのがコラーゲンです。

しかしコラーゲンは年とともに減って行き、その結果、身体全体の老化が始まり、神経痛、関節痛がおきやすくなります。
プロポリスは身体の中のコラーゲンを増やし、このような辛い症状を緩和させる効果があります。
体の中のコラーゲンはどのような働きをしているのでしょうか?

繊維状に分布しており水に溶けないので様々な形に変化することができ、体にあるあらゆる臓器を支え丈夫にしています。
体の中のコラーゲンが減っていくと体のあらゆる機能が衰えます。
コラーゲンが多く分布している身体の部位は、骨周り、腱、血管壁などです。

特に骨周りや腱にはびっしりと繊維状のコラーゲンが存在しており、かなり強い力が加わっても骨折などから守れるようにできています。
コラーゲンは、主に細胞を増殖させたり分化させる働きがありますが、最近の研究では情報伝達の働きがあることも分かっています。
身体の中のコラーゲンが増えると肌がみずみずしくなり、骨と骨の間にある磨り減っていたコラーゲン細胞が回復し関節痛などの症状が改善します。
プロポリスで健康な体を目指しましょう。